fbpx

WordPressテーマ「MODE」の詳細


MODE

動画のアクティヴ再生対応スライダー(YouTube動画対応)、記事のフィルタリング機能(複数カテゴリー対応)、
無限スクロールを実装した、WordPressテーマです。
店舗、企業サイトから、プログマガジンテーマまで、幅広い用途で使用できます。

 
 

MODEテーマで追加された新機能は、

●複数カテゴリー対応フィルタリング機能

●動画の連続再生対応スライダー(YouTube動画対応)

●svg形式画像のアップロード対応

です。

isotypeの人気テーマの1つである「MAVERICKテーマ」で実装していた、記事のフィルタリング機能が、複数カテゴリーにも対応しました。
また、無限スクロール機能も実装していますので、スクロールするごとに多数の記事を一瞬で絞り込み表示することができます。

動画対応スライダーは、動画のスライドがアクティヴになったタイミングで再生開始し、次のスライドへ移動するか、動画が再生終了すると自動で停止しますので、サイトの負荷軽減にもなります。
また、画像はもちろん、YouTubeの動画も、スライダーに組み込むことができます。

 

記事のフィルタリング機能(複数カテゴリー対応)+グリッドレイアウト+無限スクロール

記事を、カテゴリーで絞り込むことができます。
複数のカテゴリーに属する記事の絞込みにも対応しています。

フィルタリング(絞込み)は、アニメーション効果を伴いながら絞込み表示され、
また、無限スクロール機能も実装していますので、多数の記事を、一瞬で絞り込み表示することができます。

グリッドレイアウトなので、縦横比の異なるアイキャッチ画像を表示でき、
特定の記事のアイキャッチ画像のサイズを大きく設定することもできます。

 


【設定可能オプション】

・投稿一覧の見出しタイトル
・カテゴリーの並び順の要素
・カテゴリーの並び順
・投稿のないカテゴリーを出力するかどうか
・除外するカテゴリーのID
・表示するカテゴリーの最大数
・角丸設定

YouTube+MP4動画のアクティヴ再生対応スライダー

スライダーは、画像、MP4,YouTubeの3種類に対応しています。

動画をアップロードした場合は、動画が設定されているスライドがアクティヴになったタイミングで再生開始し、次のスライドへ移動するか、動画が再生終了すると自動で停止しますので、サイトの負荷軽減にもなります。
また、画像はもちろん、YouTubeの動画も、簡単にスライダーに組み込むことができます。

スライダーは、表示枚数や、アニメーションスピードまで、仔細に設定できます。

 


 

【設定可能オプション】
・表示/非表示設定
・スライダー画像のアップロード
・ボックスレイアウト
・自動再生
・自動再生で切り替えする時間ミリ秒)
・スライドするスピード
・アニメーションの種類
・ナビゲーションを表示
・両サイドにあるprevとnextのコントロールボタンを表示
・スライドの無限ループ
・一度に表示する枚数
・スライドする枚数
・要素を中央寄せ
・無限スクロールを有効
・中央寄せをONにした場合の、両サイドの表示領域のサイズ
 

美しい日本語タイポグラフィー

サイトの印象を大きく変えるのが、フォントです。
Google NotoSans、ゴシック(游ゴシック)、明朝(游明朝)の日本語フォントを、見出しタイトルと本文別々に設定できます。(NotoSansは、タイトルのみ。)

さらに、テーマオプションから、要素別に、フォントサイズ、色、行間、文字間など仔細な設定を行うことができます。


【設定可能オプション】
・フォントカラー
・フォントサイズ
・フォントの太さ
・文字間
・行感覚
・余白
・見出しタイトルの日本語フォント
・本文の日本語フォント

魅せる、高機能カルーセルスライダー

高機能カルーセルスライダーは、投稿ページだけでなく、固定ページも指定可能。
さらに、対象カテゴリーの指定、期間、並び順、ページ(投稿)単位で表示するページ等を指定できます。


 
【設定可能オプション】
・タイトル
・アニメーションスタイル
・サブタイトル
・サブタイトルのアニメーションスタイル :
・投稿タイプ(投稿/固定ページ)
・最大表示件数
・カテゴリー:(投稿タイプで、「投稿」を選択した場合のみ適用)
・並び順 (新着順/コメント数順/ランダム/ID順/親ページのID順/タイトル順/最終更新日順)
・表示期間(過去1年間/過去1ヶ月/過去1週間/過去24時間)
・表示に含める投稿IDを指定 (,(カンマ)区切りで複数入力できます)
・表示に含めない投稿IDを指定 (,(カンマ)区切りで複数入力できます)
・デバイス別表示枚数(480px以下/1024以下/1024px以上)
・アイキャッチ画像のサイズ(正方形/5:3)
・余白
・自動再生 :
・スライドのスピード(ミリ秒)
・ページネーションのスピード(ミリ秒)
・アイテムが最初に戻る時のスピード(ミリ秒)
・ナビゲーションを表示
・ページネーションを表示
・ホバーでストップ
・スライドをループ
・スワイプ動作
 

カスタムCSS機能で、テーマを編集せずにオリジナルのスタイルシートを編集

デザインをカスタマイズしたい場合、カスタムCSS機能を使うと、
テーマを編集せずにcssを追加、編集することができます。
ここで指定したcssはテーマのアップデート時にも上書きされませんので、テンプレートファイルを編集せずに独自のカスタマイズを行うことができます。

カスタムCSS

基本機能

多彩なテーマオプション
9ウィジェットエリア
Google日本語Webフォント対応
Facebook,Twitter Cards OGP設定
ロゴ画像アップローダー
iPhone用ホームアイコン画像アップローダー
Faviconアップローダー
ページ別に、1~2カラムレイアウト設定
カスタムcss
SNS共有設定
各項目の表示/非表示設定
レスポンシブデザインによりモバイルデバイス対応
microdata対応パンくずリスト
関連記事表示
投稿フォーマット対応
固定ページの投稿オプション
ショートコード
カスタムメニュー

テーマオプション画面

テーマオプションの設定画面のキャプチャ画像をご覧いただけます。(クリックで拡大します。)





搭載ウィジェット

  1. ランキング機能つきタブウィジェット
  2. Facebookページプラグインウィジェット
  3. フリーエリアウィジェット
  4. contact infoウィジェット
  5. カルーセルスライダーウィジェット
  6. 1カラム記事リストウィジェット
  7. 動画ウィジェット
 

推奨プラグイン

インストールすると便利なプラグインを、一括でインストールすることができます。

manual14
 

■Contact Form 7
定番の、国産メールフォームプラグインです。

■Page Builder by SiteOrigin
シンプルなドラッグ・アンド・ドロップのページビルダーです。
カラムと行を自由に設定・追加することができ、ウィジェットをコンテンツ部分にも入れることが可能で、レスポンシブなページレイアウトをできます。
ライブエデイターにより、サイトをプレビューしながら、レイアウトを組むことができます。

■SiteOrigin CSS
cssの知識が無くても、サイトをプレビューしながらカスタムcssを自動で作成することができます。

■SiteOrigin Widgets Bundle 
「Page Builder by SiteOrigin」用の追加ウィジェットです。

■image-widget
画像をアップロードできるプラグインです。

【参考】
おすすめWordPressプラグイン
//isotype.blue/recommend_plugins/

それぞれのプラグインの使用方法等についてはサポート外となります。

 
27,000円(税込み)
STORES.jpで購入


 




 

テーマ一覧へ