fbpx

よくある質問

インストール編

領収書は発行してもらえますか?

領収書については、下記が、会計法規上正式な領収書となります。

【クレジットカード決済の場合】
お客様ご契約のクレジットカード会社が発行するご利用明細書
【銀行振込・郵便振替の場合】
金融機関への振込依頼書・払込受領書。ATMでのご利用明細控え。

別途、領収書をご入用の際はpdfにて送付しますのでお申し付けください。

フィーチャーフォン(ガラケー)は対応していますか?

フィーチャーフォン(ガラケー)には対応していません。
今後も対応する予定はありません。

ガラケーをサポートし続ける行為に、「進化」は無いと考えるポリシーからです。

Internet Explorer11でのコンテンツ表示不具合が起こる場合(ActiveXフィルターについて)

Internet Explorer11において、ActiveXフィルターが有効になっている場合、
ActiveXコントロールをブロックするため、一部のコンテンツや動画が表示されない場合があります。

Internet Explorer11では、初期設定でActiveXフィルターが有効になっていますので、信頼できる、特定のサイトのActiveX フィルターオプションの設定を変更するには、アドレスバー横に表示される [フィルター] アイコンをクリックし、ActiveXフィルターを無効化します。

001

 

 

 

 

002

 

 

テーマは、カスタマイズしても良いのでしょうか。

テーマのカスタマイズは自由に行って問題ありません。

ただし、カスタマイズしたことにより発生した不具合についてはサポート対応外となります。
テーマをカスタマイズする際は、子テーマ機能を使ってカスタマイズされることをおすすめめします。
子テーマ機能を使うことで、テー マをアップデートした際にも、カスタマイズしたファイルが上書きされることがありません。

購入したテーマを、複数のサイトで利用する事は可能ですか。

購入されたテーマは、GPLライセンスのもと、ドメインごとの認証やらライセンス制限はありませんので、複数のサイトにインストールして使用することが可能です。
勿論、1台の購入で、アフィリエイトサイトやサテライトサイト用サイトで100サイトに導入していただいても問題ありません。

テーマのアップロードに失敗してしまいます。

 

(1)アップロードの上限サイズを越えている場合

「本当に実行していいですか?」というエラーメッセージが表示される場合。

(以前は、「アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。」 というエラーメッセージでしたが、現在は「本当に実行していいですか?」にメッセージが変更されたようです。)

お使いのサーバーの、ファイルアップロードの上限サイズ(upload_max_filesize)をご確認ください。

サーバーによって初期値は異なりますが、upload_max_filesizeが2Mになっていることがあります。(さくらサーバは、2Mが初期値)
isotypeテーマをインストールするには、6MB以上のupload_max_filesizeが必要です。
この上限サイズを変更するには、サーバーのphp.iniの設定を変更する必要がありますが、サーバー会社によって変更方法は異なります。
サーバーの管理画面等から変更できるサーバー、.htaccessにて設定できるサーバー、php.iniファイルを直接アップして変更できるサーバー、変更自体禁止しているサーバーなどいろいろあります。

【参考】
「upload_max_filesize を超過していますというエラーが出たときの対処法」
http://nb-style.info/?p=1629

 

変更方法が分からない場合は、解凍したテーマフォルダを、FTPソフトを使って「wp-content/themes」ディレクトリ」に、手動でアップロードしてください。

 

(2)zipファイル以外のファイルをアップロードしていませんか。

「外観 > テーマ」の「新規追加」からアップロードできるファイルの種類はzipファイルになります。
誤って、テーマフォルダを解凍されたファイルをアップロードしていないか確認してください。

不具合を起こすプラグインはありますか?

現時点で、テーマとの干渉、不具合を確認しているWordPressプラグインは、以下です。

・OptionTree

当テーマでは、「OptionTree」プラグインをテーマに同梱しているため、別途「OptionTree」プラグインをインストールすると、テーマオプションで不具合。

・FAQ Manager

「FAQ Manager」を表示する固定ページにて、「TOPへ戻る」ボタンが効かない。

・NextGEN Gallery

Maverickテーマ等で、スクリプトが干渉。

 

キャッシュ系のプラグインをインストールした結果発生した不具合については、サポート対象外になる場合がありますのでご注意ください。
特に「WP Super Cache」は、セキュリティ等に問題があることが報告されていますので使用しないほうが賢明でしょう。

有料の優れたスライダープラグイン「Revolution Slider」は、 残念ながら正常に動作しません。

 

定番プラグインについては、動作確認をできていますが、WordPrressプラグインの動作不具合についてのサポート、トラブルについては、サポート対象外になる場合がありますのでご了承ください。

独自のCSSを追加するには

テーマに、独自のCSSを編集・追加するには、以下の3つの方法があります。

1.「外観 > テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入
2.テーマ内のstyle.css、あるいはresponcive.css(モバイルデバイス用CSS)を編集
3.テーマ内のcustom.cssを編集
 

テーマのアップデート時にも影響を及ぼさずにCSSを追加するには、
1.「テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入する方法になりますが、モバイルデバイス別にCSSを追加するには、3.テーマ内のcustom.cssを編集します。
(※2. 3.については、テーマのアップデート時には、初期設定が上書きされますのでご注意ください。)

 

custom.css

 /
/* 共通設定 */
.mystyle {
ここにcssを追記
}

/* タブレット - 737px < 1024px */
@media only screen and (min-width: 739px) and (max-width: 1024px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

/* モバイル(iPhone6+) - < 738px */
@media only screen and (max-width: 738px) {
	.mystyle {
<span style="color: #ff0000;">ここにcssを追記</span>
}
}

/* モバイル -  < 480px */
@media only screen and (max-width: 480px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

テーマのアップデートに影響を受けず、一番安全に独自のCSSを追加したり、テンプレートをカスタマイズしたい場合は、子テーマを利用することをおすすめします。

WordPress子テーマの設定方法

機能のカスタマイズ、デザイン制作を依頼できますか?

isotypeは汎用的WordPressテーマですので、サイトの種別、業種によっては、商品メニューやスタッフ紹介の登録用管理画面を設置したり、テンプレートのカスタマイズが必要になる場合があります。
こういったカスタマイズについてもご相談ください。

費用については、内容をヒアリングのうえ別途見積もりとさせていただきます。

アイキャッチ画像のサイズが、デモサイトのように表示されないのですが。

記事のアイキャッチ画像が、縦横比がバラバラで表示されたり、デモサイトと同じようにならないという場合、
その原因は大きく分けて、以下の3つです。

①アイキャッチ画像の再生成

他テーマから移行した場合など、そのままではテーマに最適なサイズのアイキャッチ画像を表示できないため、
アイキャッチ画像を再アップロードする必要があります。
この際、メディアライブラリから再選択するのではなく、あらためてアップロードしてください。

記事が多数あって、1つ1つアップロードし直すのが面倒であれば、「Regenerate Thumbnails」というプラグインを使用することで、
全てのアイキャッチ画像を一括で再生することができます。

②WordPressのレスポンシブイメージ機能を無効化する

WordPress4.4から実装されたレスポンシブイメージ機能は、
レスポンシブWebデザインを考慮した機能で、<img>タグにsrcset属性を挿入して、デバイスの解像度ごとに表示する画像サイズを自動で表示するものです。
当テーマに限らず、この機能を使うことで、意図しないサイズの画像を表示してしまう事例があります。

この機能を無効化するには、functions.php の一番最後の行あたりに、下記のコードを記述してください。
add_filter( 'wp_calculate_image_srcset_meta', '__return_null' );

 

③「jetpack」プラグインのphoton機能を使用しない

jetpackプラグインのphotonを有効にした場合も、画像のパスの先頭に、http://i0.wp.com/と、末尾には?resize=400%2C300 というソースが挿入され、
意図しないアイキャッチ画像にリサイズされた画像を表示してしまう場合があります。

Photonの機能は、他の画像系プラグインとの相性もあまりよくありません。

1 2 3

基本設定編

領収書は発行してもらえますか?

領収書については、下記が、会計法規上正式な領収書となります。

【クレジットカード決済の場合】
お客様ご契約のクレジットカード会社が発行するご利用明細書
【銀行振込・郵便振替の場合】
金融機関への振込依頼書・払込受領書。ATMでのご利用明細控え。

別途、領収書をご入用の際はpdfにて送付しますのでお申し付けください。

フィーチャーフォン(ガラケー)は対応していますか?

フィーチャーフォン(ガラケー)には対応していません。
今後も対応する予定はありません。

ガラケーをサポートし続ける行為に、「進化」は無いと考えるポリシーからです。

Internet Explorer11でのコンテンツ表示不具合が起こる場合(ActiveXフィルターについて)

Internet Explorer11において、ActiveXフィルターが有効になっている場合、
ActiveXコントロールをブロックするため、一部のコンテンツや動画が表示されない場合があります。

Internet Explorer11では、初期設定でActiveXフィルターが有効になっていますので、信頼できる、特定のサイトのActiveX フィルターオプションの設定を変更するには、アドレスバー横に表示される [フィルター] アイコンをクリックし、ActiveXフィルターを無効化します。

001

 

 

 

 

002

 

 

テーマは、カスタマイズしても良いのでしょうか。

テーマのカスタマイズは自由に行って問題ありません。

ただし、カスタマイズしたことにより発生した不具合についてはサポート対応外となります。
テーマをカスタマイズする際は、子テーマ機能を使ってカスタマイズされることをおすすめめします。
子テーマ機能を使うことで、テー マをアップデートした際にも、カスタマイズしたファイルが上書きされることがありません。

購入したテーマを、複数のサイトで利用する事は可能ですか。

購入されたテーマは、GPLライセンスのもと、ドメインごとの認証やらライセンス制限はありませんので、複数のサイトにインストールして使用することが可能です。
勿論、1台の購入で、アフィリエイトサイトやサテライトサイト用サイトで100サイトに導入していただいても問題ありません。

テーマのアップロードに失敗してしまいます。

 

(1)アップロードの上限サイズを越えている場合

「本当に実行していいですか?」というエラーメッセージが表示される場合。

(以前は、「アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。」 というエラーメッセージでしたが、現在は「本当に実行していいですか?」にメッセージが変更されたようです。)

お使いのサーバーの、ファイルアップロードの上限サイズ(upload_max_filesize)をご確認ください。

サーバーによって初期値は異なりますが、upload_max_filesizeが2Mになっていることがあります。(さくらサーバは、2Mが初期値)
isotypeテーマをインストールするには、6MB以上のupload_max_filesizeが必要です。
この上限サイズを変更するには、サーバーのphp.iniの設定を変更する必要がありますが、サーバー会社によって変更方法は異なります。
サーバーの管理画面等から変更できるサーバー、.htaccessにて設定できるサーバー、php.iniファイルを直接アップして変更できるサーバー、変更自体禁止しているサーバーなどいろいろあります。

【参考】
「upload_max_filesize を超過していますというエラーが出たときの対処法」
http://nb-style.info/?p=1629

 

変更方法が分からない場合は、解凍したテーマフォルダを、FTPソフトを使って「wp-content/themes」ディレクトリ」に、手動でアップロードしてください。

 

(2)zipファイル以外のファイルをアップロードしていませんか。

「外観 > テーマ」の「新規追加」からアップロードできるファイルの種類はzipファイルになります。
誤って、テーマフォルダを解凍されたファイルをアップロードしていないか確認してください。

不具合を起こすプラグインはありますか?

現時点で、テーマとの干渉、不具合を確認しているWordPressプラグインは、以下です。

・OptionTree

当テーマでは、「OptionTree」プラグインをテーマに同梱しているため、別途「OptionTree」プラグインをインストールすると、テーマオプションで不具合。

・FAQ Manager

「FAQ Manager」を表示する固定ページにて、「TOPへ戻る」ボタンが効かない。

・NextGEN Gallery

Maverickテーマ等で、スクリプトが干渉。

 

キャッシュ系のプラグインをインストールした結果発生した不具合については、サポート対象外になる場合がありますのでご注意ください。
特に「WP Super Cache」は、セキュリティ等に問題があることが報告されていますので使用しないほうが賢明でしょう。

有料の優れたスライダープラグイン「Revolution Slider」は、 残念ながら正常に動作しません。

 

定番プラグインについては、動作確認をできていますが、WordPrressプラグインの動作不具合についてのサポート、トラブルについては、サポート対象外になる場合がありますのでご了承ください。

独自のCSSを追加するには

テーマに、独自のCSSを編集・追加するには、以下の3つの方法があります。

1.「外観 > テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入
2.テーマ内のstyle.css、あるいはresponcive.css(モバイルデバイス用CSS)を編集
3.テーマ内のcustom.cssを編集
 

テーマのアップデート時にも影響を及ぼさずにCSSを追加するには、
1.「テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入する方法になりますが、モバイルデバイス別にCSSを追加するには、3.テーマ内のcustom.cssを編集します。
(※2. 3.については、テーマのアップデート時には、初期設定が上書きされますのでご注意ください。)

 

custom.css

 /
/* 共通設定 */
.mystyle {
ここにcssを追記
}

/* タブレット - 737px < 1024px */
@media only screen and (min-width: 739px) and (max-width: 1024px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

/* モバイル(iPhone6+) - < 738px */
@media only screen and (max-width: 738px) {
	.mystyle {
<span style="color: #ff0000;">ここにcssを追記</span>
}
}

/* モバイル -  < 480px */
@media only screen and (max-width: 480px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

テーマのアップデートに影響を受けず、一番安全に独自のCSSを追加したり、テンプレートをカスタマイズしたい場合は、子テーマを利用することをおすすめします。

WordPress子テーマの設定方法

機能のカスタマイズ、デザイン制作を依頼できますか?

isotypeは汎用的WordPressテーマですので、サイトの種別、業種によっては、商品メニューやスタッフ紹介の登録用管理画面を設置したり、テンプレートのカスタマイズが必要になる場合があります。
こういったカスタマイズについてもご相談ください。

費用については、内容をヒアリングのうえ別途見積もりとさせていただきます。

アイキャッチ画像のサイズが、デモサイトのように表示されないのですが。

記事のアイキャッチ画像が、縦横比がバラバラで表示されたり、デモサイトと同じようにならないという場合、
その原因は大きく分けて、以下の3つです。

①アイキャッチ画像の再生成

他テーマから移行した場合など、そのままではテーマに最適なサイズのアイキャッチ画像を表示できないため、
アイキャッチ画像を再アップロードする必要があります。
この際、メディアライブラリから再選択するのではなく、あらためてアップロードしてください。

記事が多数あって、1つ1つアップロードし直すのが面倒であれば、「Regenerate Thumbnails」というプラグインを使用することで、
全てのアイキャッチ画像を一括で再生することができます。

②WordPressのレスポンシブイメージ機能を無効化する

WordPress4.4から実装されたレスポンシブイメージ機能は、
レスポンシブWebデザインを考慮した機能で、<img>タグにsrcset属性を挿入して、デバイスの解像度ごとに表示する画像サイズを自動で表示するものです。
当テーマに限らず、この機能を使うことで、意図しないサイズの画像を表示してしまう事例があります。

この機能を無効化するには、functions.php の一番最後の行あたりに、下記のコードを記述してください。
add_filter( 'wp_calculate_image_srcset_meta', '__return_null' );

 

③「jetpack」プラグインのphoton機能を使用しない

jetpackプラグインのphotonを有効にした場合も、画像のパスの先頭に、http://i0.wp.com/と、末尾には?resize=400%2C300 というソースが挿入され、
意図しないアイキャッチ画像にリサイズされた画像を表示してしまう場合があります。

Photonの機能は、他の画像系プラグインとの相性もあまりよくありません。

1 2 3

カスタマイズ編

領収書は発行してもらえますか?

領収書については、下記が、会計法規上正式な領収書となります。

【クレジットカード決済の場合】
お客様ご契約のクレジットカード会社が発行するご利用明細書
【銀行振込・郵便振替の場合】
金融機関への振込依頼書・払込受領書。ATMでのご利用明細控え。

別途、領収書をご入用の際はpdfにて送付しますのでお申し付けください。

フィーチャーフォン(ガラケー)は対応していますか?

フィーチャーフォン(ガラケー)には対応していません。
今後も対応する予定はありません。

ガラケーをサポートし続ける行為に、「進化」は無いと考えるポリシーからです。

Internet Explorer11でのコンテンツ表示不具合が起こる場合(ActiveXフィルターについて)

Internet Explorer11において、ActiveXフィルターが有効になっている場合、
ActiveXコントロールをブロックするため、一部のコンテンツや動画が表示されない場合があります。

Internet Explorer11では、初期設定でActiveXフィルターが有効になっていますので、信頼できる、特定のサイトのActiveX フィルターオプションの設定を変更するには、アドレスバー横に表示される [フィルター] アイコンをクリックし、ActiveXフィルターを無効化します。

001

 

 

 

 

002

 

 

テーマは、カスタマイズしても良いのでしょうか。

テーマのカスタマイズは自由に行って問題ありません。

ただし、カスタマイズしたことにより発生した不具合についてはサポート対応外となります。
テーマをカスタマイズする際は、子テーマ機能を使ってカスタマイズされることをおすすめめします。
子テーマ機能を使うことで、テー マをアップデートした際にも、カスタマイズしたファイルが上書きされることがありません。

購入したテーマを、複数のサイトで利用する事は可能ですか。

購入されたテーマは、GPLライセンスのもと、ドメインごとの認証やらライセンス制限はありませんので、複数のサイトにインストールして使用することが可能です。
勿論、1台の購入で、アフィリエイトサイトやサテライトサイト用サイトで100サイトに導入していただいても問題ありません。

テーマのアップロードに失敗してしまいます。

 

(1)アップロードの上限サイズを越えている場合

「本当に実行していいですか?」というエラーメッセージが表示される場合。

(以前は、「アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。」 というエラーメッセージでしたが、現在は「本当に実行していいですか?」にメッセージが変更されたようです。)

お使いのサーバーの、ファイルアップロードの上限サイズ(upload_max_filesize)をご確認ください。

サーバーによって初期値は異なりますが、upload_max_filesizeが2Mになっていることがあります。(さくらサーバは、2Mが初期値)
isotypeテーマをインストールするには、6MB以上のupload_max_filesizeが必要です。
この上限サイズを変更するには、サーバーのphp.iniの設定を変更する必要がありますが、サーバー会社によって変更方法は異なります。
サーバーの管理画面等から変更できるサーバー、.htaccessにて設定できるサーバー、php.iniファイルを直接アップして変更できるサーバー、変更自体禁止しているサーバーなどいろいろあります。

【参考】
「upload_max_filesize を超過していますというエラーが出たときの対処法」
http://nb-style.info/?p=1629

 

変更方法が分からない場合は、解凍したテーマフォルダを、FTPソフトを使って「wp-content/themes」ディレクトリ」に、手動でアップロードしてください。

 

(2)zipファイル以外のファイルをアップロードしていませんか。

「外観 > テーマ」の「新規追加」からアップロードできるファイルの種類はzipファイルになります。
誤って、テーマフォルダを解凍されたファイルをアップロードしていないか確認してください。

不具合を起こすプラグインはありますか?

現時点で、テーマとの干渉、不具合を確認しているWordPressプラグインは、以下です。

・OptionTree

当テーマでは、「OptionTree」プラグインをテーマに同梱しているため、別途「OptionTree」プラグインをインストールすると、テーマオプションで不具合。

・FAQ Manager

「FAQ Manager」を表示する固定ページにて、「TOPへ戻る」ボタンが効かない。

・NextGEN Gallery

Maverickテーマ等で、スクリプトが干渉。

 

キャッシュ系のプラグインをインストールした結果発生した不具合については、サポート対象外になる場合がありますのでご注意ください。
特に「WP Super Cache」は、セキュリティ等に問題があることが報告されていますので使用しないほうが賢明でしょう。

有料の優れたスライダープラグイン「Revolution Slider」は、 残念ながら正常に動作しません。

 

定番プラグインについては、動作確認をできていますが、WordPrressプラグインの動作不具合についてのサポート、トラブルについては、サポート対象外になる場合がありますのでご了承ください。

独自のCSSを追加するには

テーマに、独自のCSSを編集・追加するには、以下の3つの方法があります。

1.「外観 > テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入
2.テーマ内のstyle.css、あるいはresponcive.css(モバイルデバイス用CSS)を編集
3.テーマ内のcustom.cssを編集
 

テーマのアップデート時にも影響を及ぼさずにCSSを追加するには、
1.「テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入する方法になりますが、モバイルデバイス別にCSSを追加するには、3.テーマ内のcustom.cssを編集します。
(※2. 3.については、テーマのアップデート時には、初期設定が上書きされますのでご注意ください。)

 

custom.css

 /
/* 共通設定 */
.mystyle {
ここにcssを追記
}

/* タブレット - 737px < 1024px */
@media only screen and (min-width: 739px) and (max-width: 1024px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

/* モバイル(iPhone6+) - < 738px */
@media only screen and (max-width: 738px) {
	.mystyle {
<span style="color: #ff0000;">ここにcssを追記</span>
}
}

/* モバイル -  < 480px */
@media only screen and (max-width: 480px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

テーマのアップデートに影響を受けず、一番安全に独自のCSSを追加したり、テンプレートをカスタマイズしたい場合は、子テーマを利用することをおすすめします。

WordPress子テーマの設定方法

機能のカスタマイズ、デザイン制作を依頼できますか?

isotypeは汎用的WordPressテーマですので、サイトの種別、業種によっては、商品メニューやスタッフ紹介の登録用管理画面を設置したり、テンプレートのカスタマイズが必要になる場合があります。
こういったカスタマイズについてもご相談ください。

費用については、内容をヒアリングのうえ別途見積もりとさせていただきます。

アイキャッチ画像のサイズが、デモサイトのように表示されないのですが。

記事のアイキャッチ画像が、縦横比がバラバラで表示されたり、デモサイトと同じようにならないという場合、
その原因は大きく分けて、以下の3つです。

①アイキャッチ画像の再生成

他テーマから移行した場合など、そのままではテーマに最適なサイズのアイキャッチ画像を表示できないため、
アイキャッチ画像を再アップロードする必要があります。
この際、メディアライブラリから再選択するのではなく、あらためてアップロードしてください。

記事が多数あって、1つ1つアップロードし直すのが面倒であれば、「Regenerate Thumbnails」というプラグインを使用することで、
全てのアイキャッチ画像を一括で再生することができます。

②WordPressのレスポンシブイメージ機能を無効化する

WordPress4.4から実装されたレスポンシブイメージ機能は、
レスポンシブWebデザインを考慮した機能で、<img>タグにsrcset属性を挿入して、デバイスの解像度ごとに表示する画像サイズを自動で表示するものです。
当テーマに限らず、この機能を使うことで、意図しないサイズの画像を表示してしまう事例があります。

この機能を無効化するには、functions.php の一番最後の行あたりに、下記のコードを記述してください。
add_filter( 'wp_calculate_image_srcset_meta', '__return_null' );

 

③「jetpack」プラグインのphoton機能を使用しない

jetpackプラグインのphotonを有効にした場合も、画像のパスの先頭に、http://i0.wp.com/と、末尾には?resize=400%2C300 というソースが挿入され、
意図しないアイキャッチ画像にリサイズされた画像を表示してしまう場合があります。

Photonの機能は、他の画像系プラグインとの相性もあまりよくありません。

1 2 3

プラグイン編

領収書は発行してもらえますか?

領収書については、下記が、会計法規上正式な領収書となります。

【クレジットカード決済の場合】
お客様ご契約のクレジットカード会社が発行するご利用明細書
【銀行振込・郵便振替の場合】
金融機関への振込依頼書・払込受領書。ATMでのご利用明細控え。

別途、領収書をご入用の際はpdfにて送付しますのでお申し付けください。

フィーチャーフォン(ガラケー)は対応していますか?

フィーチャーフォン(ガラケー)には対応していません。
今後も対応する予定はありません。

ガラケーをサポートし続ける行為に、「進化」は無いと考えるポリシーからです。

Internet Explorer11でのコンテンツ表示不具合が起こる場合(ActiveXフィルターについて)

Internet Explorer11において、ActiveXフィルターが有効になっている場合、
ActiveXコントロールをブロックするため、一部のコンテンツや動画が表示されない場合があります。

Internet Explorer11では、初期設定でActiveXフィルターが有効になっていますので、信頼できる、特定のサイトのActiveX フィルターオプションの設定を変更するには、アドレスバー横に表示される [フィルター] アイコンをクリックし、ActiveXフィルターを無効化します。

001

 

 

 

 

002

 

 

テーマは、カスタマイズしても良いのでしょうか。

テーマのカスタマイズは自由に行って問題ありません。

ただし、カスタマイズしたことにより発生した不具合についてはサポート対応外となります。
テーマをカスタマイズする際は、子テーマ機能を使ってカスタマイズされることをおすすめめします。
子テーマ機能を使うことで、テー マをアップデートした際にも、カスタマイズしたファイルが上書きされることがありません。

購入したテーマを、複数のサイトで利用する事は可能ですか。

購入されたテーマは、GPLライセンスのもと、ドメインごとの認証やらライセンス制限はありませんので、複数のサイトにインストールして使用することが可能です。
勿論、1台の購入で、アフィリエイトサイトやサテライトサイト用サイトで100サイトに導入していただいても問題ありません。

テーマのアップロードに失敗してしまいます。

 

(1)アップロードの上限サイズを越えている場合

「本当に実行していいですか?」というエラーメッセージが表示される場合。

(以前は、「アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。」 というエラーメッセージでしたが、現在は「本当に実行していいですか?」にメッセージが変更されたようです。)

お使いのサーバーの、ファイルアップロードの上限サイズ(upload_max_filesize)をご確認ください。

サーバーによって初期値は異なりますが、upload_max_filesizeが2Mになっていることがあります。(さくらサーバは、2Mが初期値)
isotypeテーマをインストールするには、6MB以上のupload_max_filesizeが必要です。
この上限サイズを変更するには、サーバーのphp.iniの設定を変更する必要がありますが、サーバー会社によって変更方法は異なります。
サーバーの管理画面等から変更できるサーバー、.htaccessにて設定できるサーバー、php.iniファイルを直接アップして変更できるサーバー、変更自体禁止しているサーバーなどいろいろあります。

【参考】
「upload_max_filesize を超過していますというエラーが出たときの対処法」
http://nb-style.info/?p=1629

 

変更方法が分からない場合は、解凍したテーマフォルダを、FTPソフトを使って「wp-content/themes」ディレクトリ」に、手動でアップロードしてください。

 

(2)zipファイル以外のファイルをアップロードしていませんか。

「外観 > テーマ」の「新規追加」からアップロードできるファイルの種類はzipファイルになります。
誤って、テーマフォルダを解凍されたファイルをアップロードしていないか確認してください。

不具合を起こすプラグインはありますか?

現時点で、テーマとの干渉、不具合を確認しているWordPressプラグインは、以下です。

・OptionTree

当テーマでは、「OptionTree」プラグインをテーマに同梱しているため、別途「OptionTree」プラグインをインストールすると、テーマオプションで不具合。

・FAQ Manager

「FAQ Manager」を表示する固定ページにて、「TOPへ戻る」ボタンが効かない。

・NextGEN Gallery

Maverickテーマ等で、スクリプトが干渉。

 

キャッシュ系のプラグインをインストールした結果発生した不具合については、サポート対象外になる場合がありますのでご注意ください。
特に「WP Super Cache」は、セキュリティ等に問題があることが報告されていますので使用しないほうが賢明でしょう。

有料の優れたスライダープラグイン「Revolution Slider」は、 残念ながら正常に動作しません。

 

定番プラグインについては、動作確認をできていますが、WordPrressプラグインの動作不具合についてのサポート、トラブルについては、サポート対象外になる場合がありますのでご了承ください。

独自のCSSを追加するには

テーマに、独自のCSSを編集・追加するには、以下の3つの方法があります。

1.「外観 > テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入
2.テーマ内のstyle.css、あるいはresponcive.css(モバイルデバイス用CSS)を編集
3.テーマ内のcustom.cssを編集
 

テーマのアップデート時にも影響を及ぼさずにCSSを追加するには、
1.「テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入する方法になりますが、モバイルデバイス別にCSSを追加するには、3.テーマ内のcustom.cssを編集します。
(※2. 3.については、テーマのアップデート時には、初期設定が上書きされますのでご注意ください。)

 

custom.css

 /
/* 共通設定 */
.mystyle {
ここにcssを追記
}

/* タブレット - 737px < 1024px */
@media only screen and (min-width: 739px) and (max-width: 1024px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

/* モバイル(iPhone6+) - < 738px */
@media only screen and (max-width: 738px) {
	.mystyle {
<span style="color: #ff0000;">ここにcssを追記</span>
}
}

/* モバイル -  < 480px */
@media only screen and (max-width: 480px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

テーマのアップデートに影響を受けず、一番安全に独自のCSSを追加したり、テンプレートをカスタマイズしたい場合は、子テーマを利用することをおすすめします。

WordPress子テーマの設定方法

機能のカスタマイズ、デザイン制作を依頼できますか?

isotypeは汎用的WordPressテーマですので、サイトの種別、業種によっては、商品メニューやスタッフ紹介の登録用管理画面を設置したり、テンプレートのカスタマイズが必要になる場合があります。
こういったカスタマイズについてもご相談ください。

費用については、内容をヒアリングのうえ別途見積もりとさせていただきます。

アイキャッチ画像のサイズが、デモサイトのように表示されないのですが。

記事のアイキャッチ画像が、縦横比がバラバラで表示されたり、デモサイトと同じようにならないという場合、
その原因は大きく分けて、以下の3つです。

①アイキャッチ画像の再生成

他テーマから移行した場合など、そのままではテーマに最適なサイズのアイキャッチ画像を表示できないため、
アイキャッチ画像を再アップロードする必要があります。
この際、メディアライブラリから再選択するのではなく、あらためてアップロードしてください。

記事が多数あって、1つ1つアップロードし直すのが面倒であれば、「Regenerate Thumbnails」というプラグインを使用することで、
全てのアイキャッチ画像を一括で再生することができます。

②WordPressのレスポンシブイメージ機能を無効化する

WordPress4.4から実装されたレスポンシブイメージ機能は、
レスポンシブWebデザインを考慮した機能で、<img>タグにsrcset属性を挿入して、デバイスの解像度ごとに表示する画像サイズを自動で表示するものです。
当テーマに限らず、この機能を使うことで、意図しないサイズの画像を表示してしまう事例があります。

この機能を無効化するには、functions.php の一番最後の行あたりに、下記のコードを記述してください。
add_filter( 'wp_calculate_image_srcset_meta', '__return_null' );

 

③「jetpack」プラグインのphoton機能を使用しない

jetpackプラグインのphotonを有効にした場合も、画像のパスの先頭に、http://i0.wp.com/と、末尾には?resize=400%2C300 というソースが挿入され、
意図しないアイキャッチ画像にリサイズされた画像を表示してしまう場合があります。

Photonの機能は、他の画像系プラグインとの相性もあまりよくありません。

1 2 3

購入・支払い方法編

領収書は発行してもらえますか?

領収書については、下記が、会計法規上正式な領収書となります。

【クレジットカード決済の場合】
お客様ご契約のクレジットカード会社が発行するご利用明細書
【銀行振込・郵便振替の場合】
金融機関への振込依頼書・払込受領書。ATMでのご利用明細控え。

別途、領収書をご入用の際はpdfにて送付しますのでお申し付けください。

フィーチャーフォン(ガラケー)は対応していますか?

フィーチャーフォン(ガラケー)には対応していません。
今後も対応する予定はありません。

ガラケーをサポートし続ける行為に、「進化」は無いと考えるポリシーからです。

Internet Explorer11でのコンテンツ表示不具合が起こる場合(ActiveXフィルターについて)

Internet Explorer11において、ActiveXフィルターが有効になっている場合、
ActiveXコントロールをブロックするため、一部のコンテンツや動画が表示されない場合があります。

Internet Explorer11では、初期設定でActiveXフィルターが有効になっていますので、信頼できる、特定のサイトのActiveX フィルターオプションの設定を変更するには、アドレスバー横に表示される [フィルター] アイコンをクリックし、ActiveXフィルターを無効化します。

001

 

 

 

 

002

 

 

テーマは、カスタマイズしても良いのでしょうか。

テーマのカスタマイズは自由に行って問題ありません。

ただし、カスタマイズしたことにより発生した不具合についてはサポート対応外となります。
テーマをカスタマイズする際は、子テーマ機能を使ってカスタマイズされることをおすすめめします。
子テーマ機能を使うことで、テー マをアップデートした際にも、カスタマイズしたファイルが上書きされることがありません。

購入したテーマを、複数のサイトで利用する事は可能ですか。

購入されたテーマは、GPLライセンスのもと、ドメインごとの認証やらライセンス制限はありませんので、複数のサイトにインストールして使用することが可能です。
勿論、1台の購入で、アフィリエイトサイトやサテライトサイト用サイトで100サイトに導入していただいても問題ありません。

テーマのアップロードに失敗してしまいます。

 

(1)アップロードの上限サイズを越えている場合

「本当に実行していいですか?」というエラーメッセージが表示される場合。

(以前は、「アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。」 というエラーメッセージでしたが、現在は「本当に実行していいですか?」にメッセージが変更されたようです。)

お使いのサーバーの、ファイルアップロードの上限サイズ(upload_max_filesize)をご確認ください。

サーバーによって初期値は異なりますが、upload_max_filesizeが2Mになっていることがあります。(さくらサーバは、2Mが初期値)
isotypeテーマをインストールするには、6MB以上のupload_max_filesizeが必要です。
この上限サイズを変更するには、サーバーのphp.iniの設定を変更する必要がありますが、サーバー会社によって変更方法は異なります。
サーバーの管理画面等から変更できるサーバー、.htaccessにて設定できるサーバー、php.iniファイルを直接アップして変更できるサーバー、変更自体禁止しているサーバーなどいろいろあります。

【参考】
「upload_max_filesize を超過していますというエラーが出たときの対処法」
http://nb-style.info/?p=1629

 

変更方法が分からない場合は、解凍したテーマフォルダを、FTPソフトを使って「wp-content/themes」ディレクトリ」に、手動でアップロードしてください。

 

(2)zipファイル以外のファイルをアップロードしていませんか。

「外観 > テーマ」の「新規追加」からアップロードできるファイルの種類はzipファイルになります。
誤って、テーマフォルダを解凍されたファイルをアップロードしていないか確認してください。

不具合を起こすプラグインはありますか?

現時点で、テーマとの干渉、不具合を確認しているWordPressプラグインは、以下です。

・OptionTree

当テーマでは、「OptionTree」プラグインをテーマに同梱しているため、別途「OptionTree」プラグインをインストールすると、テーマオプションで不具合。

・FAQ Manager

「FAQ Manager」を表示する固定ページにて、「TOPへ戻る」ボタンが効かない。

・NextGEN Gallery

Maverickテーマ等で、スクリプトが干渉。

 

キャッシュ系のプラグインをインストールした結果発生した不具合については、サポート対象外になる場合がありますのでご注意ください。
特に「WP Super Cache」は、セキュリティ等に問題があることが報告されていますので使用しないほうが賢明でしょう。

有料の優れたスライダープラグイン「Revolution Slider」は、 残念ながら正常に動作しません。

 

定番プラグインについては、動作確認をできていますが、WordPrressプラグインの動作不具合についてのサポート、トラブルについては、サポート対象外になる場合がありますのでご了承ください。

独自のCSSを追加するには

テーマに、独自のCSSを編集・追加するには、以下の3つの方法があります。

1.「外観 > テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入
2.テーマ内のstyle.css、あるいはresponcive.css(モバイルデバイス用CSS)を編集
3.テーマ内のcustom.cssを編集
 

テーマのアップデート時にも影響を及ぼさずにCSSを追加するには、
1.「テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入する方法になりますが、モバイルデバイス別にCSSを追加するには、3.テーマ内のcustom.cssを編集します。
(※2. 3.については、テーマのアップデート時には、初期設定が上書きされますのでご注意ください。)

 

custom.css

 /
/* 共通設定 */
.mystyle {
ここにcssを追記
}

/* タブレット - 737px < 1024px */
@media only screen and (min-width: 739px) and (max-width: 1024px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

/* モバイル(iPhone6+) - < 738px */
@media only screen and (max-width: 738px) {
	.mystyle {
<span style="color: #ff0000;">ここにcssを追記</span>
}
}

/* モバイル -  < 480px */
@media only screen and (max-width: 480px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

テーマのアップデートに影響を受けず、一番安全に独自のCSSを追加したり、テンプレートをカスタマイズしたい場合は、子テーマを利用することをおすすめします。

WordPress子テーマの設定方法

機能のカスタマイズ、デザイン制作を依頼できますか?

isotypeは汎用的WordPressテーマですので、サイトの種別、業種によっては、商品メニューやスタッフ紹介の登録用管理画面を設置したり、テンプレートのカスタマイズが必要になる場合があります。
こういったカスタマイズについてもご相談ください。

費用については、内容をヒアリングのうえ別途見積もりとさせていただきます。

アイキャッチ画像のサイズが、デモサイトのように表示されないのですが。

記事のアイキャッチ画像が、縦横比がバラバラで表示されたり、デモサイトと同じようにならないという場合、
その原因は大きく分けて、以下の3つです。

①アイキャッチ画像の再生成

他テーマから移行した場合など、そのままではテーマに最適なサイズのアイキャッチ画像を表示できないため、
アイキャッチ画像を再アップロードする必要があります。
この際、メディアライブラリから再選択するのではなく、あらためてアップロードしてください。

記事が多数あって、1つ1つアップロードし直すのが面倒であれば、「Regenerate Thumbnails」というプラグインを使用することで、
全てのアイキャッチ画像を一括で再生することができます。

②WordPressのレスポンシブイメージ機能を無効化する

WordPress4.4から実装されたレスポンシブイメージ機能は、
レスポンシブWebデザインを考慮した機能で、<img>タグにsrcset属性を挿入して、デバイスの解像度ごとに表示する画像サイズを自動で表示するものです。
当テーマに限らず、この機能を使うことで、意図しないサイズの画像を表示してしまう事例があります。

この機能を無効化するには、functions.php の一番最後の行あたりに、下記のコードを記述してください。
add_filter( 'wp_calculate_image_srcset_meta', '__return_null' );

 

③「jetpack」プラグインのphoton機能を使用しない

jetpackプラグインのphotonを有効にした場合も、画像のパスの先頭に、http://i0.wp.com/と、末尾には?resize=400%2C300 というソースが挿入され、
意図しないアイキャッチ画像にリサイズされた画像を表示してしまう場合があります。

Photonの機能は、他の画像系プラグインとの相性もあまりよくありません。

1 2 3

その他

領収書は発行してもらえますか?

領収書については、下記が、会計法規上正式な領収書となります。

【クレジットカード決済の場合】
お客様ご契約のクレジットカード会社が発行するご利用明細書
【銀行振込・郵便振替の場合】
金融機関への振込依頼書・払込受領書。ATMでのご利用明細控え。

別途、領収書をご入用の際はpdfにて送付しますのでお申し付けください。

フィーチャーフォン(ガラケー)は対応していますか?

フィーチャーフォン(ガラケー)には対応していません。
今後も対応する予定はありません。

ガラケーをサポートし続ける行為に、「進化」は無いと考えるポリシーからです。

Internet Explorer11でのコンテンツ表示不具合が起こる場合(ActiveXフィルターについて)

Internet Explorer11において、ActiveXフィルターが有効になっている場合、
ActiveXコントロールをブロックするため、一部のコンテンツや動画が表示されない場合があります。

Internet Explorer11では、初期設定でActiveXフィルターが有効になっていますので、信頼できる、特定のサイトのActiveX フィルターオプションの設定を変更するには、アドレスバー横に表示される [フィルター] アイコンをクリックし、ActiveXフィルターを無効化します。

001

 

 

 

 

002

 

 

テーマは、カスタマイズしても良いのでしょうか。

テーマのカスタマイズは自由に行って問題ありません。

ただし、カスタマイズしたことにより発生した不具合についてはサポート対応外となります。
テーマをカスタマイズする際は、子テーマ機能を使ってカスタマイズされることをおすすめめします。
子テーマ機能を使うことで、テー マをアップデートした際にも、カスタマイズしたファイルが上書きされることがありません。

購入したテーマを、複数のサイトで利用する事は可能ですか。

購入されたテーマは、GPLライセンスのもと、ドメインごとの認証やらライセンス制限はありませんので、複数のサイトにインストールして使用することが可能です。
勿論、1台の購入で、アフィリエイトサイトやサテライトサイト用サイトで100サイトに導入していただいても問題ありません。

テーマのアップロードに失敗してしまいます。

 

(1)アップロードの上限サイズを越えている場合

「本当に実行していいですか?」というエラーメッセージが表示される場合。

(以前は、「アップロードしたファイルは php.ini で定義された upload_max_filesize を超過しています。」 というエラーメッセージでしたが、現在は「本当に実行していいですか?」にメッセージが変更されたようです。)

お使いのサーバーの、ファイルアップロードの上限サイズ(upload_max_filesize)をご確認ください。

サーバーによって初期値は異なりますが、upload_max_filesizeが2Mになっていることがあります。(さくらサーバは、2Mが初期値)
isotypeテーマをインストールするには、6MB以上のupload_max_filesizeが必要です。
この上限サイズを変更するには、サーバーのphp.iniの設定を変更する必要がありますが、サーバー会社によって変更方法は異なります。
サーバーの管理画面等から変更できるサーバー、.htaccessにて設定できるサーバー、php.iniファイルを直接アップして変更できるサーバー、変更自体禁止しているサーバーなどいろいろあります。

【参考】
「upload_max_filesize を超過していますというエラーが出たときの対処法」
http://nb-style.info/?p=1629

 

変更方法が分からない場合は、解凍したテーマフォルダを、FTPソフトを使って「wp-content/themes」ディレクトリ」に、手動でアップロードしてください。

 

(2)zipファイル以外のファイルをアップロードしていませんか。

「外観 > テーマ」の「新規追加」からアップロードできるファイルの種類はzipファイルになります。
誤って、テーマフォルダを解凍されたファイルをアップロードしていないか確認してください。

不具合を起こすプラグインはありますか?

現時点で、テーマとの干渉、不具合を確認しているWordPressプラグインは、以下です。

・OptionTree

当テーマでは、「OptionTree」プラグインをテーマに同梱しているため、別途「OptionTree」プラグインをインストールすると、テーマオプションで不具合。

・FAQ Manager

「FAQ Manager」を表示する固定ページにて、「TOPへ戻る」ボタンが効かない。

・NextGEN Gallery

Maverickテーマ等で、スクリプトが干渉。

 

キャッシュ系のプラグインをインストールした結果発生した不具合については、サポート対象外になる場合がありますのでご注意ください。
特に「WP Super Cache」は、セキュリティ等に問題があることが報告されていますので使用しないほうが賢明でしょう。

有料の優れたスライダープラグイン「Revolution Slider」は、 残念ながら正常に動作しません。

 

定番プラグインについては、動作確認をできていますが、WordPrressプラグインの動作不具合についてのサポート、トラブルについては、サポート対象外になる場合がありますのでご了承ください。

独自のCSSを追加するには

テーマに、独自のCSSを編集・追加するには、以下の3つの方法があります。

1.「外観 > テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入
2.テーマ内のstyle.css、あるいはresponcive.css(モバイルデバイス用CSS)を編集
3.テーマ内のcustom.cssを編集
 

テーマのアップデート時にも影響を及ぼさずにCSSを追加するには、
1.「テーマオプション > 詳細設定」から、CSSを記入する方法になりますが、モバイルデバイス別にCSSを追加するには、3.テーマ内のcustom.cssを編集します。
(※2. 3.については、テーマのアップデート時には、初期設定が上書きされますのでご注意ください。)

 

custom.css

 /
/* 共通設定 */
.mystyle {
ここにcssを追記
}

/* タブレット - 737px < 1024px */
@media only screen and (min-width: 739px) and (max-width: 1024px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

/* モバイル(iPhone6+) - < 738px */
@media only screen and (max-width: 738px) {
	.mystyle {
<span style="color: #ff0000;">ここにcssを追記</span>
}
}

/* モバイル -  < 480px */
@media only screen and (max-width: 480px) {
	.mystyle {
ここにcssを追記
}
}

テーマのアップデートに影響を受けず、一番安全に独自のCSSを追加したり、テンプレートをカスタマイズしたい場合は、子テーマを利用することをおすすめします。

WordPress子テーマの設定方法

機能のカスタマイズ、デザイン制作を依頼できますか?

isotypeは汎用的WordPressテーマですので、サイトの種別、業種によっては、商品メニューやスタッフ紹介の登録用管理画面を設置したり、テンプレートのカスタマイズが必要になる場合があります。
こういったカスタマイズについてもご相談ください。

費用については、内容をヒアリングのうえ別途見積もりとさせていただきます。

アイキャッチ画像のサイズが、デモサイトのように表示されないのですが。

記事のアイキャッチ画像が、縦横比がバラバラで表示されたり、デモサイトと同じようにならないという場合、
その原因は大きく分けて、以下の3つです。

①アイキャッチ画像の再生成

他テーマから移行した場合など、そのままではテーマに最適なサイズのアイキャッチ画像を表示できないため、
アイキャッチ画像を再アップロードする必要があります。
この際、メディアライブラリから再選択するのではなく、あらためてアップロードしてください。

記事が多数あって、1つ1つアップロードし直すのが面倒であれば、「Regenerate Thumbnails」というプラグインを使用することで、
全てのアイキャッチ画像を一括で再生することができます。

②WordPressのレスポンシブイメージ機能を無効化する

WordPress4.4から実装されたレスポンシブイメージ機能は、
レスポンシブWebデザインを考慮した機能で、<img>タグにsrcset属性を挿入して、デバイスの解像度ごとに表示する画像サイズを自動で表示するものです。
当テーマに限らず、この機能を使うことで、意図しないサイズの画像を表示してしまう事例があります。

この機能を無効化するには、functions.php の一番最後の行あたりに、下記のコードを記述してください。
add_filter( 'wp_calculate_image_srcset_meta', '__return_null' );

 

③「jetpack」プラグインのphoton機能を使用しない

jetpackプラグインのphotonを有効にした場合も、画像のパスの先頭に、http://i0.wp.com/と、末尾には?resize=400%2C300 というソースが挿入され、
意図しないアイキャッチ画像にリサイズされた画像を表示してしまう場合があります。

Photonの機能は、他の画像系プラグインとの相性もあまりよくありません。

1 2 3